プリウスやアルファードの下取り価格が知りたいの!

人気車種、プリウスや高級RVのアルファードを売りたいと思っている方必見です!!

得する車の売却方法

あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうので

投稿日:

あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、中古車買取店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。

中間業者が入らない分、売却側と購入側双方が得するように売買可能になるのです。

双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

現在使用中の車を売ってしまうと今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

なければないなりに過ごせる人はいいのですが、どうしても車が必要だという人の場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、あとになって慌てないよう、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか業者に確認しておきましょう。

幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

販売店のスタッフの話を鼻から信じ込んでしまうと、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

売却の前に自分の車の査定相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら交渉するつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、即金に対応している買取業者を探してください。

即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあります。

しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、一円でも高く売却したいならばすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

出来るだけ自分の車を高値で売却する為に中古車の買取会社と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、そうでないのならば自分から現実の相場価格よりも低い価格を口にする可能性があるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

車の査定についてですが、出張査定を選ぶ人も割と多くいます。

業者に持ち込まずに査定を受けられるから助かりますし、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。

しかしながら、性格的に交渉事を嫌うタイプであれば自宅に業者を呼ぶスタイルの主張査定よりも、自分で運転して持ち込み相手の方で査定を受けるのが向いているかもしれません。

業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、なかなか断るのは難しくなるようです。

業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。

過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

返済が終わっていない状態で車を売却する場合、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。

つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

売る際に残りの債務を払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、不可能であれば無理をせず、買取額を使ってローン残債を支払うという手もないわけではありません。

しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、必要書類も多くなります。

それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車をディーラー下取りに出すことがあります。

買ったところで売るのですから、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、スピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

とはいえ、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、下取り価格は業者買取価格より安くなる傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

利益は多い方がいいというのであれば、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

買取業者に車の査定を頼みたいのであれば、ネット上の一括査定サービスを使うのが良いでしょう。

しかし一括査定を申し込むと、業者からの営業電話はしばらくひっきりなしですし同じくメールの方も届くようになる、ということを知っておきましょう。

対処法としては着信拒否機能を使えるように一括査定申し込みシートに携帯番号だけを書いておき、メールも今回のためだけに使う捨てアドレスを利用します。

くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でも一社にしぼらずいくつかの業者に頼むのが手間ではありますが高額査定への道です。

-得する車の売却方法

執筆者:

関連記事

じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと有効なわけ

じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと有効なわけではないのです。 日々変動しているのが中古車相場ですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。 見積もり金額を表 …

インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、

インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。 でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定ま …

中古車関係の金銭的なトラブルや取引上の不信感

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。 特に中古車売却についての事案は増え続け、減ることがありません。例えば …

自分が所有している車のおおよその査定相場をチェックす

自分が所有している車のおおよその査定相場をチェックするときに、Web上の中古車一括査定サイトを活用するという手もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで見積額の参考値を確認することが可能です。 メー …

買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かか

買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。 しかしカーディーラーに下取り査定を頼むときには、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。 例えば下取額が …